<sub id="tljvp"></sub>

      <ol id="tljvp"><address id="tljvp"></address></ol>

          <meter id="tljvp"></meter>

              GUNZE STORE(グンゼ公式通販)

              お問い合わせ

              English

              研究開発の歴史

              1890-1910年代蚕種改良、養蚕製糸方法の改善

              当時、日本の最大の輸出品であった生糸。当社はより良い繭を得るべく、1903年に研究所の前身となる大成館を設立し、蚕品種の統一と優良種の製造を目指し研究を行いました。

              また原料以外にも、均一な乾燥を実現する乾燥機や煮繭機の導入より、製糸技術が飛躍的に進歩しました。

              • 「大成館」蚕種製造とともに技術者の養成を行った
                「大成館」蚕種製造とともに技術者の養成を行った
              • 蚕種の製造
                蚕種の製造
              • 病毒検査
                病毒検査

              1920-1930年代蚕糸の総合的研究

              1925年、蚕事所、製糸試験所、理化学研究所を設け、研究組織を整えました。 この頃、生糸は靴下(ストッキング)用に淡色が好まれるようになり、当社でも白繭種の育成に力を注ぎました。またアメリカで伸び始めた絹フルファッション靴下(ストッキング)の需要に応えるべく、品質の改良を目的に、「郡是式多条機」を開発し、より多くの繭から同時に高品質な糸を巻き取ることが可能となりました。

              1934年には生糸の製品化として、のちに当社の主力製品となるフルファッション靴下(ストッキング)の製造を開始しました。

              • 「理化学研究所」研究風景
                「理化学研究所」研究風景
              • 多条操糸機
                多条操糸機
              • フルファッション靴下の生産風景
                フルファッション靴下の生産風景

              1940-1950年代繊維素材の研究、繊維二次加工の開発

              1936年に出現したナイロンは、絹業界に大きな衝撃を与えました。当時のナイロンの性状は、伸び?強度などで生糸を超えており、靴下市場への参入は明らかでした。1940年には当社も合成繊維の研究を開始しました。

              1941年、戦時体制となり、軍需用の研究開発や、蚕蛹の高度利用の研究をすすめました。食料品、医療品、日用品など多岐にわたる研究開発を行いましたが、原料不足、品質などの問題により、のちに市場から撤退しました。

              戦後すぐにメリヤスの生産が開始。この頃から加工事業への進出が行われ、その試験研究機関として繊維研究所を設置しました。その後、研究?事業の主体は生糸から繊維加工へと変移していきます。

              • 初期の裏毛メリヤスと部分補強にナイロンを使用した絹靴下
                初期の裏毛メリヤスと
                部分補強にナイロンを使用した絹靴下
              • 合成繊維の研究
                合成繊維の研究
              • 軍用機の生産
                軍用機の生産
              • 落下傘のヒモの生産
                落下傘のヒモの生産

              1960-1970年代プラスチック成型加工技術開発

              1961年に最初のプラスチック製品が開発検討され、翌年には開発部を設置し、同年、半硬質の塩ビフィルムを開発。自社の婦人靴下用の包装フィルムとして生産を開始しました。その後も順次開発が進められ、変動する市場要請に応えていきました。

              またこの頃、メリヤス、靴下が大きく伸長。多様な加工技術の開発により、品質だけでなく、生産性も大きく向上しました。また、ミニスカートの流行とともにパンティストッキングが爆発的人気に。当社もさらなる開発を行い、マスファッションの需要に応えていきました。

              一方で創業以来続いてきた蚕糸研究は時代の流れに逆らえず、1975年にその長い歴史に幕を下ろしました。

              • 二軸延伸ポリプロピレンフィルムの製造設備の一部
                二軸延伸ポリプロピレンフィルムの製造設備の一部
              • 靴下生産風景
                靴下生産風景

              1980-1990年代非繊維事業の創出

              アパレル産業が成熟期に入ったことから、将来性のある非繊維分野の開発を重視。バイオテク、ロボット、エンジニアリングプラスチックス、エレクトロニクス、メディカルなどの研究室を設置しました。

              プラスチック成型における新たな分野への取り組みとして、1990年の初めには、世界で初めてカラーコピー用転写ベルトを開発し、複合機業界に革新をもたらしました。また電子部品分野では、高機能タッチパネルの開発に力を注ぎ、技術力競争において高い地位を誇っています。

              衣料用途以外での繊維素材の活用を模索する中、1984年、京都大学医学高分子センターを核とするプロジェクトメンバーとして生体吸収性ポリマーによる医療器材の研究に参加しました。
              その後、体内で分解吸収される手術用吸収性縫合糸の実用化に1986年に国内で初めて成功、医療分野進出への歴史が始まりました。

              繊維研究では、機能面に加えて生理的な面からも研究、快適サポート製品を多く開発していきました。

              1998年、各地の研究所を統合し、研究開発部を設置。一本化した研究を行う体制を整え、相互間の技術の活用が進められました。

              • 転写ベルト
                転写ベルト
              • 吸収性縫合糸
                吸収性縫合糸

              2000-2010年代非繊維の拡大、QOL分野の開拓

              2000年代に入り、プラスチック?電子部品?エンジニアリングプラスチックスなどの機能ソリューション事業は、環境意識の高まりや、デジタル機器市場の拡大により順調に推移、グループ経営を支える事業へと成長しました。

              2010年には、開発事業部を発足し、低抵抗透明導電性フィルムやガラス代替フィルム、高耐熱光学フィルムの開発、販売を開始しました。

              近年では、人々のQOL(クオリティ オブ ライフ)の向上に寄与すべく、人間工学、生理学、生理心理学をはじめとする多角的なアプローチによる繊維研究や、生体吸収性ポリマーの医療用途への開発研究など新たな価値の創出を目指しています。

              • 透明タッチセンサー
                透明タッチセンサー
              • 無縫製インナー
                無縫製インナー

              技術年表

              技術年表

              図を大きいサイズで見る